「汗かき」と「香水」の相性は今ひとつ?

多汗症という症状に悩んでいる人は意外と多いものです。

多汗症というのは、「全身性多汗症」と呼ばれる全体的に汗をかいてしまうパターンと「局地的多汗症」と呼ばれる部分部分で明らかにたくさんの量の汗をかいてしまうというパターンの2つが存在します。

特に、局地的多汗症と呼ばれる症状に悩んでいる人は多く、原因ははっきりしていません。

しかし、主な症状として精神的に緊張をしてしまったり、極度に追い詰められたり、辛いものを食べてしまった時に明らかにおかしな量の汗をかいてしまう人が多いです。

日常生活を送る上ではあまり影響がないこともありますが、季節問わずこの症状は起きてしまうため、冬でも緊張して汗をかいてしまい、不快だと思わる心配があります。

また、汗は相手側からするとあまり良いものではなく、特に見た目の清潔感がない人がさらに汗をかいてしまうと、さらに不潔感が増してしまう恐れもあります。

それがまたストレスで追い詰められて汗をかいてしまい、さらに怒られて汗が止まらなくなる…

という負のスパイラルもありがちで、それで悩んでいる人もいます。

対策としては、何か追い詰められたりしたことが発汗の原因である場合、精神状態を落ち着かせるようなことを考えるのは有効です。

精神的なものからくる人は、精神を落ち着かせることによって汗が早く収まる傾向があります。

また、汗をかいてしまった後も、汗拭きシートで汗を拭ったりと対策はしていきましょう。

意外とできていない人も多く、逆に香水をつけてしまい、かえって変な匂いになってしまうという人もいたりします。

香水と似た香りの汗拭きシートを使ったり、タオルで汗を拭ってから香水を少し付け足すという方法がおすすめです。

汗拭きシートは、きちんと考えながら使うと汗の匂いが気にならなくなります。

また、汗自体を抑えたい人は一応内服薬もあります。

気になりすぎる人であれば病院や薬局で相談するのも良いかと思います。

まずは自分自身でできることから始めてみてみましょう!

⇒顔汗の対策なら

⇒汗の量とニオイを同時に対策!

おすすめの記事